指定されている場所

産婦人科における中絶手術とケアについて

医者

中絶手術は、主に産婦人科において行われます。 産婦人科医の中でも、中絶手術を行うことが出来るのは、各都道府県の医師会によって指定されている母体保護法指定医のみであるため、中絶手術を望む場合には、事前に指定医が在籍しているクリニックであるか確認しておく必要があります。 人工的な中絶手術は、母体保護法によって定められていることに則って行われるものであり、パートナーと母体本人の同意が必要となります。 多くの人にとって術後は、心と体に大きなダメージを負ってしまうため、回復のためにはきちんとしたケアが必要となります。 術後には、出血やホルモンバランスの乱れによる体調不良が生じるため、仕事や家事などは休んだ方が安心です。

中絶手術を安心して受けるためのサービスについて

身体への負担が大きい中絶手術は、なるべく早いうちに診療や手術を受けることが大切です。しかし、中絶手術をすることを周りに知られたくないなど抵抗があってなかなかクリニックに行くことができないという方のために、いろいろなサービスを実施しているクリニックも多くなっています。 例えば本名や住所を登録しないでも診療を受けることができ、名前でなく番号で呼ぶなどプライバシーに配慮しているクリニックがあり、個室で会計や待ち時間を過ごすことができるサービスもあります。 またアレルギーや喘息といった持病がある場合や妊娠してから週数が経過していても中絶手術を受けることができるクリニックもあります。このような安心して中絶手術や診療が受けることができるクリニックを早めに探すことが大切です。